HOME > 判断基準

判断基準

1.目標年次:2013 年度

住宅事業建築主が、2013年度中に新築・販売する建売戸建住宅の基準達成率の平均が対象です。

2.判断基準

(1) 目標年次における建売戸建住宅の一次エネルギー消費量に関する基準達成率の平均が100%を下回らないこと

個々の住宅の省エネルギー性能に関する基準達成率は、各々の住宅について、建設される地域区分、暖房(又は冷房)方式、換気方式に応じて定められた基準一次エネルギー消費量と、それぞれの住宅の断熱性能や設備の仕様・性能から算定される一次エネルギー消費量の比率として、次の式により求めます。

図 評価対象住宅の基準達成率

本判断基準では、目標年次に新築・販売する全ての建売戸建住宅の平均の基準達成率に基づき評価するもので、平均の基準達成率は次の式により求めます。目標年次(2013 年度)おける平均の基準達成率100%を下回らないように努めてください。

図 全評価対象住宅の基準達成率の平均

(2) 建売戸建住宅の断熱性能が、平成25年基準を満たすよう努めること

(1) とあわせて、建売戸建住宅の外壁、窓等を通しての熱の損失の防止のための措置が、「建築主の判断基準」又は「設計施工指針」(いわゆる平成25年基準)に適合するように努めてください。



Web上で一次エネルギー消費量の基準達成率が算定出来ます。

ログイン画面へ