HOME > 基準の概要 > 4.エネルギー消費量と断熱性能に関する基準が定められています

基準の概要

4.エネルギー消費量と断熱性能に関する基準が定められています

本判断基準は、「①住宅で消費される一次エネルギー消費量の基準値に対する達成率(基準達成率)」と、 「②住宅の外壁、窓等を通しての熱の損失を防止するための断熱構造化の措置」から構成されます。

①住宅で消費される一次エネルギー消費量の基準値に対する達成率(基準達成率)

本判断基準では、断熱性能と住宅設備の効率性を総合的に評価するため、一次エネルギー消費量にもとづ く基準を定めました。 個々の住宅の一次エネルギー消費量に係る基準値は、気候条件に基づく地域区分、暖房(または冷房)方式、 換気方式に応じて定められています。住宅事業建築主が新築・販売する住宅の断熱性能、空気調和設備や 給湯設備等の設備機器の仕様・性能から算定される一次エネルギー消費量と基準値の比率である基準達成 率を求め、それぞれの住宅の省エネルギー性能を評価します。 住宅事業建築主には、目標年次に新築・販売する建売戸建住宅の基準達成率の平均が100% を下回らない ように努めていただきます。

図 住宅の一次エネルギー消費量を指標とした基準

②住宅の外壁、窓等を通しての熱の損失を防止するための断熱構造化の措置

住宅の断熱構造化は住宅におけるエネルギー消費量削減の有効な手段の一つです。そこで、高い断熱性 能を有する住宅の普及をめざし、住宅事業建築主には、①とあわせて、建売戸建住宅の外壁、窓等を通して の熱の損失の防止のための措置が、「建築主の判断基準※2」又は「設計施工指針※3」(いわゆる平成11 年基準) に適合するように努めていただきます。

※2:エネルギーの使用の合理化に関する建築主等及び特定建築物の所有者の判断の基準(平成 25 年経済産業省・国土交通省告示第1号 、平成 25 年経済産業省・国土交通省告示第 7 号一部改正)

※3:住宅に係るエネルギーの使用の合理化に関する設計、施工及び維持保全の指針(平成25年国土交通省告示第907号)



Web上で一次エネルギー消費量の基準達成率が算定出来ます。

ログイン画面へ